ホーム > iPhone Apps > おすすめiPhoneアプリ – ガイガーボット – ガイガーカウンターの放射線量を自動集計

おすすめiPhoneアプリ – ガイガーボット – ガイガーカウンターの放射線量を自動集計

http://itunes.apple.com/jp/app//id427728355

clip_image002

ガイガーカウンターを持っている人が楽できるアプリです。このアプリだけで放射線量を測れるわけではありません!私が調べた限りの知識なので間違いあってもご容赦を!

私はガイガーカウンターを持っていて、これ使うとかなり楽なのでご紹介。

普通ガイガーカウンターで放射線量を測るとき、主に2つのめんどくさい事があります。(高級品は違うかも)

そもそも放射線量は時間によってかなり変わる

私のガイガーカウンターはだいたい20秒単位で値が更新されるのですが、更新ごとにかなり値が変わります。あまり詳しくないのでよく知りませんが、そもそも放射線とはそのようなものらしいですね。なので10回程度(=200秒程度)はその場で計測してメモる必要があります。

計測後補正しなければならない

ガイガーカウンターのディスプレイに表示される放射線量値は本当の放射線量値と異なるそうです。詳しいことよく知りませんが、要するに機器内部から発生している放射線や機器の特性を補正しなければいけないらしい。

つまりまとめて言えば10回メモして後で平均して補正式で計算してやっと正しい値がはじき出せます。

このアプリを使えばこういった手間が全部省けます。ガイガーカウンターから出る「ピっ」という音を拾ってくれてあとは勝手に平均して補正式して正しい値を出してくれます!

対象

SOEK-01M Ecotester

clip_image004

※ebayで購入。2011年6月に389USDで購入。今(2011年12月)ebayみると250USD前後で買えますね。。w

準備 – ガイガーカウンター

ガイガーカウンターから出る「ピ」って音をiPhoneで拾ってもらって楽できます。そのままiPhoneのマイクで拾うこともできるのですが下図のようにマイクをセロハンテープとかでくっつけちゃえば楽です。

clip_image006

多分この、電池の蓋あたりにマイクを貼ると音が一番大きい気がする(笑)

準備 – アプリ

補正設定をアプリ内で設定します。私のガイガーカウンターの場合は下図設定がいいみたいです。変換係数:25、オフセット:0となればいいみたいです。

clip_image008

clip_image010

計測

実際に測るときはこんな感じ。表示もいろいろ設定できるんだけど下図のをいつも使ってます。

clip_image012

つまり上図の場合、毎時0.09マイクロシーベルトとなります。ビープ音を拾って計測なのでうるさい環境だとちゃんと計測できません。

このアプリが使えないとき

うるさい環境でこのアプリだと計測できないというときは、従来通りメモって補正します。SOEK-01M Ecotesterの場合、以下で補正すると実際に近くなるみたいです。

  • 画面に表示されるマイクロシーベルト毎時の値を10回ほどメモる(=読取値)
  • 下記の式で補正する
      • 放射線量[μSv/h] = 読取平均値 * 0.9 – 0.07
広告
カテゴリー:iPhone Apps タグ: , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。